DIARY

DIARY ダイアリー

2017.11.30

てんこ盛り盛り森口博子です!

なんと紙でできているの!
芸術品だね。

 

行きつけの中華料理店のレジに飾ってあって、
感動しました!

 

何よりもこちらのママさんは、
その日の体調に合わせて、お料理を
オススメして下さるの。私の顔色を見て
「今日はちょっと疲れてそうね!」
って見抜いちゃう。

 

おいしいお料理はもちろん、有難いです。

 

今日は、日本歌手協会の
「歌謡フェスティバル2017」
の収録でした。
キャリアのある先輩方の歌声に痺れました!

 

そして只今、ライブツアー・ディナーショー
の準備や、レギュラー番組の曲覚えや、
ファンクラブ会報作成などなど、
てんこ盛り盛り森口博子です!

 

会えるの楽しみにしています。

 

いろいろな事情でお留守番組の方、
日々のあれこれ、頑張って乗り越えて下さいね!

 

もちろん来て下さる方もね。

 

明日から12月。

 

皆さん、今年最後の1ヶ月、
悔いなく過ごしてくださいね。

2017.10.31

名付け親、平尾昌晃先生の愛。

昨日の平尾昌晃先生のお別れ会は、
たくさんの愛にあふれていました。

 

いつでも笑顔だった先生との思い出は
尽きません。

 

3ヶ月前の家族葬にも参列させて頂きましたが、
デビュー前に幼い息子さんを膝の上に抱っこ
させて頂いた事がありましたので、大人になった
彼らを見てこみ上げるものがありました。
 

先生がいて下さったから、
デビューする事ができました。
感謝の想いでいっぱいです。

 

歌手の大先輩方との歌唱葬。
先生が作曲された名曲、
イントロが流れただけで涙があふれて、
音楽を愛する先生の偉大さを改めて感じ、
益々、淋しさが増してしまいました。

 

そして、ごめんないをお届けしたいです。
今年、先生が
「詞を書いてごらん。リリースに関係なく僕が
曲をつけるから。ライブとかで歌ったりしてさ。」
と言って下さっていたのに・・・
のんびりして、間に合わず後悔しています。
先生はいつでもいて下さるとばかり思って
いました。

 

森口博子の名付け親で恩師でもある
平尾昌晃先生との初めての出逢いは
15歳の時。

 

作曲家の先生とペアを組み勝ち進んで行く
のど自慢番組、
NHK「勝ち抜き歌謡天国」で
私は先生とペアを組ませて頂きました。
客席のお客様の前で先生がレッスンをして
下さる公開番組。

 

控えめな私を、身振り手振りで
盛り上げるような先生の熱い御指導、
忘れられません。

 

おかげさまで福岡地区大会で優勝して、
それがご縁で先生の音楽スクールに
通わせて頂きました。

 

「君の声は伸びやかでとってもいい声だから、
大切にしなさい」
歌い手にとって、最高のこの褒め言葉、
最高の宝物になりました。

 

歌手になると言う4歳からの夢を、
先生は一生懸命、応援してくれました。
全身全霊で私達生徒に音楽を
教えてくれました。

 

散々、オーディションに落ちて
なかなかデビューが決まらなかった時、
母にも「この子には、将来性を感じる」と
おっしゃって下さって、家族で励まされ
ました。

 

今、思い出しても涙が溢れます。
色々、チャンスを探してくれました。

 

再び、先生と勝ち抜き歌謡天国、
全国チャンピオン大会に出場して
準優勝を頂きました。

 

キングレコードの方にスカウトして頂き
「機動戦士Zガンダム」主題歌の
オーディションに合格して、17歳で
やっとデビューが決まりました。

 

「 森口博子」

“芸能人としても、女性としても、
幸せになれる名前だよ”って
先生が芸名を考えて下さいました。
お会いする度に「いい人いないのかい?」と
いつも笑顔で心配してくれて…
 お忙しいなか、必ず周年の
アニバサリーコンサートにも
足を運んで下さった先生。

 

客席のファンのみなさんと
一緒に振りまでやって、
終演後の握手会が、終わるまで
ずっと待っていて下さって、
優しさが沁みました。

 

去年、先生がお声をかけて下さった
チャリティーコンサート。

 

ご一緒に歌わせて頂きました
♪カナダからの手紙♪
振り絞るように、精一杯歌っていた
先生のプロ根性、
お客様を一気に温かく
包みこむ笑顔、
そして、音楽や私達に
注いで下さった大きな愛情、
ずっとずっと忘れません。

 

森口博子と言う名前と声を大切に
歌い続けます。

 

先生が書いて下さった
ファーストアルバムの中のバラード
♪スロウ・グッバイが聴こえる♪
今、切なく響いています。
残して下さった数々の名曲達、
私達の心に、人々の人生に永遠と
生き続けています。

 

先生、本当に
ありがとうございました。
旅立たれた世界でも、
大好きな音楽を自由に奏でて、
ゆっくり羽を伸ばしていて下さいね。

2017.09.30

秋の夜長

 

黄昏時の空が美しい季節になりましたね。

 

みなさん、
いかがお過ごしですか?

さっき、井森から電話がかかってきて、大爆笑の長電話に(笑)

秋の夜長、いろいろ語り合って、
話したりなかったよ(笑)

今度、久しぶりに
ご飯会しようって話になって、
楽しみだなあ。

みなさん、素敵な週末を
過ごしてね!

何か井森と話すと安心するなあ。

2017.08.31

最高のセッション! 

あら?気が付いたら、8月も今日で終わり!
早いね~~~。
みんな、元気に過ごしていますか?
連日、雨だったり、いきなり暑くなったり、
ホントに変な気候の夏だわ~。

 

さて、只今ライブツアー真っ最中!!
アメーバブログで色々と語っておりますが、
どの会場も灼熱のステージになって、
ファンのみんなの愛を感じています。
  “ありがとう!”
最終日に向けて頑張ります!

 

そんな最中、先日、昨年に引き続き
「第49回サマージャズ」に歌と司会で
出演させて頂きました!
長年のジャズファンのお客様、新しい世代の
お客様がひとつになって、様々なゲストの方々
の演奏や歌を楽しんで下さいました!!

 

今回、私は、超豪華なジャズ界最強のメンバー
の方々とコラボさせて頂きました!
艶っぽくて情熱的なヴァイオリンの寺井尚子さん、
会話しているかのような、オシャレなギターの
小沼ようすけさん、大らか且つエキサイティング
なピアノのハクエイ・キムさん。
もう、歌っていて素晴らしい演奏に
興奮しちゃいました。

 

そして、今年は堀越学園の同級生で、仲良しの
荻野目洋子ちゃんがゲストに来てくれました!!

おぎのめchanのジャズ、リハーサルから既に
カッコ良くて、ステキでした!!

 

 

さぁ!明後日はライブツアーファイナル!!
燃えますよォ~~~~!!
来てくれるみんな~~~!!
一緒に熱い夜を創りましょうね!

2017.07.31

もうすぐだよ!

毎日あじぃですね!
お元気ですか?

 

7月も今日で終わり。

 

私は5日後に控えている「森口博子ライブツアー
2017~おかげSummer・おつかれSummer!!~」
に向けて、燃えています。

 

いつもだったら、7月が終わったら
「もうすぐ、お盆かあ~~」って、なんだか
ちょっぴりキュンとしちゃう時期なのよね。

 

そう!まだまだ暑いのに切ないみたいな(笑)

 

でも、ライブのおかげでしんみりしないで
済むわあ。メンバーとのリハも順調でした!

 

あとは、自主トレ強化です。

 

みんなも体調整えて、張り切って会場に
来て下さいね。

 

4リズムにホーンセクションと、
熱い音をお届けします。

 

弾けた時間を一緒に作りましょうね!

 

先ほど、Anison Daysでのバンドリハが
終わりました。その後、とある番組の
収録でーす!

 

が、しかし、空き時間を利用して、
ライブの衣装のお直しに行って来まぁす!

 

やることいっぱいで幸せやがあ。

 

こまめな水分補給忘れずに、
みんなもファイティング!

 

2017.06.30

ありがとうあふれるハッピーバースデー!

6月13日、0時を過ぎた瞬間
母と姉が「♪ハッピーバースデ~トゥーユ~
ハッピーバースデーDearひろちゃ~~ん♪」と
歌ってお祝いしてくれました!
 
しかも、妙なクネクネダンスをしながら(笑)
ホント、変なファミリー。大好き。
 
40ホャニャララ歳になりました。
 
みなさん、たくさんの祝福のメッセージや
お祝い、本当にありがとうございました。
 
この日は大阪で仕事をして
 
 
夜東京のマンションへ戻ってきたら…
母が手料理を作って、
姉と待っていてくれました。
 
お寿司ご飯とニンニクたっぷりの唐揚げ。

家計が苦しい母子家庭ではありましたが、
子供の頃からの恒例行事。

 

あたり前のように毎年、食べていましたが、
あたり前でないと、その有り難さを年々実感。

 

80歳の母が作る、おふくろの味。
今までとは違う味わい。

 

この先もずっとと言う願いを
込めて噛み締めました。

 

食後、お部屋が
いきなり暗くなったかと思ったら、
ケーキのサプライズが!

 

普通のショートケーキではなくて、
珍しいマンゴーケーキを
私に食べさせたかった母。
デパートを歩き回って探したそうです。
泣ける。

 

お店の姉さんに、40ホャニャララ歳分
ローソクを立てて上げたいと希望した
ところ…

 

「ケーキが壊れてしまいます」と(笑)

 

年輪感じる~~。

 

もちろん、太いローソク4本と
細いろうそくホニャララ本ですが、
小さいサイズのケーキしかなかったから、
諦めて数本に(笑)

 
お姉さんの言うように年齢分刺して
いたら、きっとグチャグチャでしたね(笑)
 
 
母のその思いが嬉しくて、
喜びと面白さで涙が出てきました。
泣きながら食べました。
 
 
数日前にも福岡に仕事で帰った際、
家族全員が集まって一足先に
サプライズでお祝いしてくれたのに。
沁みました。
 
 
40数年前のこの日、陣痛が来た時、
痛みをこらえながらいつものように、
トイレ掃除をして病院へ向かった母。
 
 
きれいな子が生まれると言う迷信を信じて。
 
 
この年齢になって
その話を初めて聞きました。
母の愛を感じてグッときました。

 

 

命をかけて産んでくれて、
全身全霊で4人姉妹を育ててくれて
本当にありがとう。
 
年齢はここまで歩いてこれた刻印。
労いや未来への叱咤激励が
込められているのだと思います。

いつも応援してくれているファンのみなさん、
スタッフのみなさん、家族や大切な人たちの

愛で生かされています。
 

この愛に応えられるよう、

1秒でも長く歌い続けられるよう、
40代最後の1年悔いを残さず、
日々を丁寧に生きます!

 

体力の変化を恐れずに、

勇気を持って一歩づつ!

 

あなたの幸せを願っています。

たくさんの方々に祝福していただきました
お誕生日月間。

アメーバブログさんで、その温かな愛を
綴らせていただきました。
是非、読んで下さいね。

 

2017年下半期、スタート!

みなさん、ファイティング!!

2017.05.31

スクープです!

風薫る五月が終わります。

きのうは、30度近くまで気温が上がりビックリ!

とあるロケで水分補給しっかりしていました。

 

みなさん、お元気ですか?

 

たまの真夏フライングは別として、この時期が

こんなに心地良い季節だったなんて。

新緑のキラメキとエネルギーを全身で浴びながら、

風を感じて、本当に気持ちがイイ~。

半袖で快適に過ごせていいわあ~。

大人になって、改めて気づかされました。

 

さて、先日ツイッターで、このような記事を

見つけて、驚きと喜びでいっぱいです。

 

 

偉大な先輩方のお名前の中に、

自分の名前が!

 

本当に本当に、感動しました。

 

“今でも”と言うところが、お一人お一人の

キャリアを物語っていますよね。

そう!今でもファンのみんなが、楽曲を大切に

してくれているからこその、このランキング。

本当に“ありがとう!”

その想いに答えられるよう、今の自分と

しっかりと向き合い、色々と鍛えます。

そして、得意の言霊パワーで前に進みます!

ずっと歌い続けます!

 

続けています!

 

来月10日、銀座スウィングさんでの

ジャズライブを目前に気が引き締まる思いです。

 

お越し頂けるみなさぁん、

今回もグッとくる選曲ですよ。

 

お楽しみに~~。

2017.04.14

熊本地震から一年

熊本地震発生から一年が経ちました。

 

犠牲になられた方々に
鎮魂の念を捧げます。

 

子供の頃、ふるさとの福岡から、
何度も家族旅行で訪れている場所。

大人になった今でも家族で何度も訪れている

お隣の町。
 

昨年の6月、チャリティーライブで
イオンモール熊本にお邪魔させて頂きました。

 

熊本空港に到着しただけで
言葉にならない想いがありました。

 

耐震性が強いと勝手に想いこんでいた
公共の空港でさえ被害に遭い、トイレも仮設…

 

道中で目にした沢山の家屋には
ブルーシートがかけられ…

 

東日本大震災の時もそうでしたが、
実際に目の当たりにすると…
自分にできる小さな一歩がさらに
小さくなりそうになります。
 
でも、被災地で出会う方々に逆に
背中を押されてしまいます。
 
この日も
ライブ会場でステージに登場した時の熊本の

お客様の力強い拍手が忘れられません。

 

芯のある、そして温かい拍手。
それだけで泣きそうになりました。

 

音楽を待ち望んでくれていた
意思がはっきりと伝わる拍手。

 

涙を流しながら聴いて下さってる
お客様もいらっしゃいました。

 

あの日の方々が少しでも

あの日より前を向いていられますよう
心から祈っています。
 
そして今年1月は、
イオンモール熊本でミニライブ&握手会も
やらせて頂きました。
 
ある女性の方の姿が焼き付いています。
涙ながらに、私の手を力強く握りしめながら
「大きな揺れが来た時、死んじゃうと思いました。
もう、森口さんにも会えないって。家は全壊したけど、
生きててよかった。今日ここへ来れてよかった。
ずっと歌い続けて下さい!」と。私も涙がでました。
 
彼女をはじめ、恐怖の中から
今にたどり着いていらっしゃる方々の、
穏やかな日々を願わずにいられません。
 
生死の狭間である極限状態で、
私の事を思ってくれていた事に
驚かされました。
 
自分と言う存在が自分だけの
ものではない。
微力な歌声だけど、生きる力になって頂ければ…
 
歌声や様々な活動で、沢山の人達と
繋がる事ができるからこそ、使命に責任を
持ち、風化させないという思いを
沢山の人達へ届けます。
 
このブログを読んで下さったみなさん、
引き続き、それぞれの復帰へのお手伝い
呼びかけ合いましょうね。